運動不足解消への道
クルマ大好きなQは、通勤もクルマです。
休日のお出かけもクルマがほとんど、電車に乗ることも少ない。
唯一の運動といえば、会社内で階段を昇り降りすることくらい(笑)・・・
スポーツはおろか、歩くことも少ない日常を送っているせいか、体が無性にダルいのです。

こんなことではヤバイ!お腹が出てきてからじゃ遅い!
でも、楽しくて手軽に出来そうな運動は?
と思いついたのが、”チャリ”

高校生のときにバイクの免許を取って以来、そういえば乗ってません、チャリ。
幸い近くには川原もあるので、MTBがあれば色々遊べそうだしね。

MTBでも5万円も出せばソコソコの物が買えるでしょ、と根拠の無い想像をしつつ、さっそく専門店を覗いて見ることにしました。
さすがに専門店、ママチャリとは別コーナーにわんさかカッコいいMTBが置いてあります。
端の方から値札を眺めてみると、

「¥148,000」

「¥250,000」

うっ・・・
一桁違います。
フルカーボンのフレームなんて素晴らしいものも置いてあり、それもフレームだけで数10万円。

でももちろん5万円程度のものもあって、一安心。
どうやらちゃんとしたMTBを買うなら、5万円程度はださないとダメみたいですね。
そんな中で気に入ったのが、LOUIS GARNEAU というブランドのもの。
MTBにありがちな派手なグラフィックも無いし、ロゴもキレイ。
c0002960_23194672.jpg

このLGS-FIVEと言うモデルは本格的なMTBではなく、街乗り重視になっているようで、タイヤもブロックタイヤほどごつごつしていないタイヤを履いてますし、スタンドも付いてます。
このホワイトとブラックのシンプルな色使いもキレイですよね。
これなら4万円程度で買えるようです。

また週末にでもお店に見に行ってみようと思います。
久々のチャリにちょっとワクワクです♪
[PR]
# by q-q-q-q | 2005-08-24 23:35 | Mono
ディーラー巡り ~日産編 ~
ずっと輸入車ばかり試乗してきましたが、けっして僕は輸入車びいきというわけではありません!
自分でいいクルマだと思えれば、どこの国のクルマであっても関係ないですし、もちろん国産でも構いません。
特に好きなメーカーがあるわけでもないですしね。なので、僕の試乗記は全てひいき目なしで書いているつもりです。

というわけで、今回の試乗記は日産です。
SKYLINE クーペを見てきました。
c0002960_23422461.jpg

この流れるようなライン、フェンダーの柔らかなふくらみ、王道のクーペスタイルがとても美しいと思います。
個人的には今ひとつパッとしないフロントマスクが気になりますが、全体的なプロポーションは間違いなく国産車ではトップレベルだと思います。

インテリアはとってもラグジュアリーです。
スェード調の生地が使われた標準仕様のシートは高級感が高く、前後位置は電動調整式。
センターコンソールにはアルミパネルが奢られていたり、イグニッションONで浮かび上がるメーターパネル、もちろん本皮のステアリング、どこを見ても質感が高くて素晴らしいです。
ドアの開閉音もサッシュレスなのに「バフッ」と静かに閉まりますし、輸入車によく見られる、ドア開閉時に自動的に窓をちょっと下げて室内の圧力を逃がす機能も付いてました。
細かいところですが、こういったところでも価格なりの高級感が伝わってきますね。

試乗はごく短時間だったので、FRの特性は全く感じられませんでしたが、やはり走ってもラグジュアリーな印象でした。
遮音性がとても高いので、ロードノイズや風切り音、エンジン音もかなり抑えられています。
3.5LのV6エンジンはアイドリング時はとても精緻な感じの音が聞こえてきて良いのですが、ひとたび走り出すと、ちょっとラフな感触に感じました。
280PS、37kgmというこれまでで一番のハイスペックなエンジンと言うことでかなり期待していたのですが、思ったほど下のトルクも厚くないような感じを受けました。
あまり高回転まで回せなかったので、回してあげればまた印象は変わったかもしれませんが・・・

驚いたのが、350GTプレミアムというグレードに標準の、19インチホイール&225/40という超扁平タイヤが付いていたのに、乗り心地がとても良かった事。
ハンドルの操舵感も、大径ホイールを履いていることを感じさせず素直な感触でした。
6MTのシフトはストロークも短く、操作力も適当、シート/ハンドル/ペダル位置もしっくりきました。

350GTのスタンダードなグレード、6MT仕様でお値段361万2千円
装備や全体の造りは値段相応で、乗り心地も良く、とても好印象でした。

しかし!やはり気に掛かるのはエンジンですね。
アルファと同じV6と言うことで期待しすぎていたということもあるかもしれませんが、エンジン音もアルファV6のような気持ち良さはありませんし、負荷を掛けた時の若干不快な感触は大きなマイナスに感じました。
ちょっと、もう一度長時間の試乗で再度確認してみたい気はします。

ああ、アルファのV6を知らなければこの試乗記も全然違ったものになってたかもしれないですね(笑)・・・
[PR]
# by q-q-q-q | 2005-08-22 00:40 | Car
ディーラー巡り ~AUDI編 ~
今回の試乗はAUDIです。
すでに発売から結構経っている、TT Coupeに乗って来ました。
c0002960_2311769.jpg

やはりこのスタイルは他のどの車にも似ていなくて、独特の雰囲気があります。
特にリアフェンダーに上向きに取り付けられた、アルミのフューエルキャップがいかにもスポーツカーという感じで、とってもソソられます。
やはりこういうクーペは非日常的で大好きです。
インテリアも各所にアルミが使われていて、スポーティーな雰囲気がありますが、やや高級感には欠けるかな?無骨でレーシーと表現した方が良いかもしれませんね。
一応乗車定員は4名になっており、リアシートも付いていますが、とても後席には座れません。
特に長身というわけではない僕が普通にシート位置を調整すると、後席とのスキマはほぼゼロ!犬くらいしか座れません(笑)。

試乗したのは1.8Lエンジンを積むモデルです。
トランスミッションは、意外なことに通常のトルコンAT(6速)しかラインナップされてないそうです。以前はMTモデルも販売されていたそうですが、現在は1.8Lには通常のAT,3.2LにはDSGのみということです。
DSGならまだしも、トルコンATモデルしか輸入されていないのはどうなんでしょう??
とはいうものの、ハンドルにシフトボタンの付いた6速ATはそれほど滑り感もなく、エンブレも良く効くような設定になっているので、それほど違和感はありませんでした。

この1.8Lターボエンジンは180PS、24kgmとかなりのトルクがあり、結構パワフルです。
低回転からトルクが出ているので走り易いですし、6500rpmくらいのレッドゾーンまで回せばかなり気持ち良く走れます。ターボのクセもほとんど感じられませんでした。
音もアイドリングでは野太い音で、回せば”キューン”という感じの音になり、爽快です。

ハンドルの操舵力がかなり重めなせいか、軽快というよりもどっしりしたハンドリングに感じました。

1.8T Coupeでお値段は419万円。
オープンモデルのRoadster 1.8Tが429万5千円。
どうせ後席は使えないし、値段もほぼ一緒なら2シーターのロードスターの方がお買い得かもしれませんね。
一番謎なのが、上の写真のボディーカラー「パパイヤオレンジ」はスペシャルカラーで、なんと16万円のオプション設定になります。
ただのソリッドカラーにしては高すぎない??
[PR]
# by q-q-q-q | 2005-08-14 23:47 | Car
上原ひろみ NEWアルバム&ツアー決定!!
ついに待望の3rdアルバムと、今年のツアーが決定しました!

アルバムの方はまだ10月発売としかインフォメーションが無いですが、期待して待ちましょう♪
ツアーは去年より公演数も増えてる?ような気もしますが、さて今年は2回ぐらい見に行きたいなぁ~
前の方でかぶりつきで見てみたい!

c0002960_2157175.jpgSPIRAL TOUR

11/12(土) Zepp福岡
11/13(日) Zepp福岡
11/15(火) 大阪 なんばHatch
11/16(水) 大阪 なんばHatch
11/17(木) 大阪 なんばHatch
11/19(土) Zepp仙台
11/20(日) 横浜BLITZ
11/22(火) 静岡銀行ホール
11/24(木) Zepp名古屋
11/25(金) Zepp名古屋
11/27(日) 新潟PHASE
12/1(木) 品川プリンスホテル ステラボール
12/2(金) 品川プリンスホテル ステラボール
12/3(土) 品川プリンスホテル ステラボール

彼女の弾くピアノのパワーは物凄いものがあります。
少しでも興味のある方は是非とも会場に足を運んで、体感してみてください。

去年のライブの感想はこちら
[PR]
# by q-q-q-q | 2005-08-02 22:04 | Music
TRISTAN PRETTYMAN@J-wave
先週のJ-waveのGood Morning Tokyoに、TRISTAN PRETTYMANがゲスト出演してました。
HPを見たら、番組でのインタビューの模様がストリーミングで公開されてました!

Good Morning TokyoのHPから、Morning Sessionのコーナーへどうぞ。

番組の中では生ライブもやってたんですが、残念ながらそこはカットされてますね。


毎朝聞いているジョン・カビラさんの声は、いつ聞いてもいいですね~。
[PR]
# by q-q-q-q | 2005-07-27 00:03 | Music